2020年5月28日木曜日

コンタクトレンズ作りたいのだが

去年からの話。
話が長いので3行にまとめると

コンタクトレンズ
作れない
目に問題が?

信長さんと同い年になる頃に何を色気づいたのやら…と思わないでもないですが。
(そもそもバイクに乗ることだってだって40手前の頃の僕が、急に、出来心で、思いついたんだし。いつだって今が一番若いのですよ。)
バイクに乗っていて顎を引くと上目使いになるのですけども(バイク乗りの良いフォームらしいね)僕が使っている眼鏡でそれをやるとレンズ「圏外」になってしまう。
あと猟の時、いつでもこちらが気づくよりも先に、キジバト飛んでっちゃうのを8猟期ほど繰り返した。
のでコンタクトレンズだったらどうなるのか試したくなった。
好奇心です。

それでいきなりレンズが作れるかといえばそういうわけでもないらしい。
とりあえず眼科にかかって処方箋なるものをもらってからコンタクトレンズ屋でレンズを作るという話になるらしい。
でネットで検索すると近所のジャスコに「眼科+コンタクト屋」のセットがあったので行ってみた。コンタクト屋の方に行ってみるとやっぱり「眼科で処方箋をもらって」からになるとの説明を受けたのだが、あいにくその日は眼科はお休み。セットのとこに行ったのに?ちゃんと調べなかった僕が悪いのだ。店員さんに「逆まつげでもコンタクトってつけられるんですかね?」って冗談半分に聞く。
次の日、ようやく眼科に行ってみた。問診のところで「逆まつげが気になるってなってますけど、何か障害があるのですか?」と聞かれる。そういうつもりで昨日言ったわけではなかったので、なんでこんなにイジられるのだろうと思いつつ「逆まつげでもコンタクトつけられるんですかと聞いただけです!」とやや内心怒ってしまった。
(いい年した、おっさんが簡単にイラッとしてしまうのでございます。老化でしょうね。)
で、その眼科で視力だとか、よくわからない検査を受けたあと、いよいよお医者さんの問診になり、まだここでも口頭で色々「なんでまたコンタクトを?」みたいな質問をされつつ、問診を受ける。右目を見られた後、左目へ。
でお医者さん「あれ?あれ?」「おかしいですよ?」などとヒフミンのようなことを言い出して。「すみませんが、網膜剥離の疑いがあります、治療をおすすめします。病院を紹介しますね。駅から近いところがいいと思いますので…」と言うことで。

書くのがめんどくさくなったのでざっくり省くけど、その後紹介された病院で急にレーザーで網膜を固定する手術を受けて涙目になって、経過観察も何回か受けて、また10月に術後1年検診を受ける予定だ。
未だにコンタクト作ってない。
ってことを思い出した。






2020年5月25日月曜日

こうやって枯れていく

新しいものに新しさを感じなくなってきた。
そういうの昔あったなあ位にしか思わない。
その代わりに?なのか古いもの、ちょっと古いもの、評価が固定して来たもの、に新しさを感じることが多くなってきた。
例えば

↑こういう…。
10年から20年位前だと思いますが、H松ヘの帰省中に京都らへんのFMラジオから、かかってきた曲です。
京都らへんのラジオの人が、ヒップホップ的な人たちに否定的(帽子二枚重ねとかのファッションとか?pvではそういう様子でもないけど)なのに流して来ていたので、今思えば不思議ではあったのですが(ベスト10とかだったのだろうか)それに引きずられて僕も「なんだコレ」「どうなの?」って思って、この手のは聞かず嫌いで来ていたのですが。
(正直、ヒップホップって、世の中に文句ばっかっり言ってる早口言葉の人たちと言うイメージがあった!しそれは変わっていない、ただこの人達は違うような気がする。)
今聞くと面白いって思う。
なぜなら歌詞?を聞いてみることが、まずできない、何言ってるのか、わからないので歌詞を書いてくれている人のコメントとか見るのですが、それでも何言ってるのかわからないと言う。
SF?

とっくに解散して彼らの時間が止まって(それぞれの活動があるだろうから止まってはないのですが僕からみると固定されている)ようやく、なんか面白いことに気づいたような。
僕に評価されることには何のメリットもないのです。
もしかしたら僕に評価されるってことは「終わっている」からかもしれないが。
(今流行ってるやつを10年位して「新しいなあ」って感じるのだろうか。昔からそうなのだろうか?)
年をとった話を続けよう。
若かった頃(具体的に言うとニキビが出来て出来て仕方なかった頃、肌が油で防水性だった頃、バイキングで元が取れると思っていた頃、腹いっぱい詰め込んでも太らなかった頃。)は毎日何回か鏡を見ている時間があったように思うが、最近はヒゲを剃る時間だけだ。数年前から僕の鼻毛はステレスステルス性能を獲得して(先のほうが透明になったりする)来ていて、なかなか捕まえることが難しくなってきていたのですが。
↑鏡を見ないで鼻毛をまさぐって、捕まえたやつ。
とうとう100%の白鼻毛(透明に見える)が作成されていた。
長さも伸びに伸びて18mm。ちなみに以前の半白鼻毛の記録は16mm。
なんか面白くなってきた。




2020年5月8日金曜日

超月

妻や子らに「今晩スーパームーンだってよ」って言ったのだが。
「…まあ月なんでしょ」って言う感じ。
空とかに興味が無いようだ。
吠えたくなる。
(言われてみれば明るいような気がした。)

2020年4月15日水曜日

たけのこやけた

僕の近所でようやく掘ってきた筍。
筍は浜松の実家から、ちょっと前送られてきたので今治のほうが浜松より遅いのかもしんないし、僕のお母様は人間離れしたイノシシ並みのセンサーをお持ちなのかもしれない。
以前一緒に筍掘りに行ったことがあるのだが「足でわかるでしょ!」って言われて何だろう、この人、食欲すげえなあって感心した思い出。
悪口では無いです。
 で掘れた小さめのやつを焼いてみた。
焼いてみるってのは「美味しんぼ」っていう漫画で見て、トースターでやってみたことがあるのだが、その時はうまく行かなかった。
何だよ雰囲気で美味しい言ってるだけかよ!って以来していなかったのだが。
K西方面で「焦げるまで焼く」というサジェストが。
なるほどなー!って思ってたのでやってみた。

炭火を起こすのがめんどくさかったもんで、ストーブ+ダッチオーブン。
 これぐらい焦がすのに1時間ほど。
この1時間を考えると素直に炭火を起こしたほうが早かったんじゃあないかと思うけども。
焦がした後うっちゃって帰宅。
次の日の朝。
一応火は通っているようだ。先っちょのあたりは焼き芋のようになっている。
ちょっと削って噛ってみると香ばしい。
味より香りが主張してくる感じ。
エグみがあるのではと思ったが入念に焦がしたおかげなのか、全く気にならない。
美味しいと言って良いのでは。
新鮮であれば焼いてみるのもいいなと思った。
で鳥肉と各種野菜、マカロニ、マヨネーズ、カレー粉で朝ごはんを作って食べた。

2020年4月10日金曜日

朝キャンしてみた♪

朝キャンとは午前中で終わるキャンプのことである。
(今回は3時から9時。)
 
 キャンプ場に到着。
 今回の荷物。薪も入っている。
 火をおこし。なかなか本調子にならなかった。
僕の右手でこねられたハンバーグ(自称)を焼いていく。
朝ごはんです。
 だんだん明るくなって焼き具合もわかるようになってきた。
(信じられないかもしれないが意外と美味しいのです。)
腹がくちたので(なんだか眠いんだ)シートの下で朝寝していると(↓左手の灰色のシートが僕の寝床、あんまり写っていないけどコットは寝心地よろし)
シルバーな人たちが集まって来た。
武漢ウイルスについて強気な発言が聞こえてくる。
「わしゃあ、大体やっとるけんの~」
グランドゴルフの集いらしい。
ここは自称元気な老人の国。
寝袋でもっとコンパクトになるやつが欲しいと思った春でした。

2020年4月5日日曜日

週末の出来事

会社の年度始まりの集い(クラスター)があったのです。
やってはいけないシューキンペー(集近閉)です。
良く言えばうちの会社、日本社会の民度に対してものすごい信頼を持ってますね。
…。
窓とかは開け放って寒いくらいでやっていましたので、仮に誰かが感染していたとしてもこの機会に会社の風通しがよくなるといいなあって、ほんのり思いました。
そんなんするくらいだったら…。
神事の一種なんでしょうね。
桟橋で一緒だった、おっさん二人がガラケー使いだった。
船は乗客18人のクラスター。
クラスターがクラスターなくらい最近言ってる。
 4月らしい風景だなあと。
制服とソメイヨシノって合うなあ。この後19人のクラスターで会議及び講習。
中途半端な時間で終わったので1時間位船待ち。
持ってきた本もいまいち盛り上がらないので全くアミューズメントが無い。
でも退屈な時間の中いつもと違う時間の便なので少し期待していた。
新造船のやつが白黒あると言う噂を去年聞いていたのだ。
(白は今朝も乗った。)
黒っぽく見えるが実際黒っぽいやつが近づいてきてちょっと興奮。
 やべえ黒いんだけど。
 近くで見るとなんだか豪華な。
小6のころディズニーランドで乗った外輪船を思い出す。
 売店もバーみたいになってる~。
近くで見ると黒ではなく深い青と茶系のグレーでおおむね塗られている。

デッキのつくりは見知らぬ公園のようだ。
 
洋上にはみ出した部分があって要塞の砲塔のようだと空想中。
 用途不明のマストから音戸の橋を見上げる。
音戸の瀬戸がこの航路のピークですね。
岸まで家がせり出していて団欒の声(e.g.おーい醤油とって!)が聞こえてきそうなくらい近い。

コンタクトレンズ作りたいのだが

去年からの話。 話が長いので3行にまとめると コンタクトレンズ 作れない 目に問題が? 信長さんと同い年になる頃に何を色気づいたのやら…と思わないでもないですが。 (そもそもバイクに乗ることだってだって40手前の頃の僕が、急に、出来心で、思いついたんだし。いつだっ...