2017年5月31日水曜日

高速走ることについて思ったこと

今回も少し帰路で高速を使いました。
最初に高速をバイクで(ルネさんしか知りませんが)使ったときは、もう苦行のようにしか思わなかったのですが、最近は自動運転モードを会得しまして、気が付くと30分1時間過ぎてるようになってきました。
でも、その度に車の自動運転モードほどは進んでいなくて、あ~あ…まあ仕方ないなあってなるのですが。
平均速度が車より毎時20キロくらい少ないのですね。

でこの度感じたこと。
・メットが重要
僕はバブルシールドのジェットヘルが好きなので使っているのですが、100キロくらいまでは気にならないのですが、120キロくらいまで加速すると(これは追い越しの時にその位は最低でも必要だと思うのですが)シールドが風圧でひしゃげて顎に中ったり、走行車線に戻るときに頭を振るとシールドが斜めに変形して固定しているボタンから外れてしまうのではないかと(今のところそういったことは起こってないですが)きもち悪い、怖いのです。
ですからまあ、安くてもフルフェイスのほうが(今更当たり前ですが)高速には向いているということなんですね。

・ミラーも重要
体を起こした状態でも伏せた状態からも後方視野が確保できるようなミラーが望ましいようです。あるのかどうかは知りませんが。

・やっぱり前スプロケットは16丁にしたほうが
定番ですけど。度々高速乗るんだったらこれはそうしたほうがいいようですね。
少し余裕が出来そうです。
そろそろルネさんも前スプロケットの交換時期なのかしら、時々するカリカリ音が気になるのです。

2017年5月28日日曜日

春はあけぼのYohYoh

5月27日のこと。
日和佐というとこでミーティングがあるじょ~って聞いた僕は
 4時過ぎ出発。
基本下道で行こうと思う。
日の出を見ながら東へ。
良く晴れて、やまぎわが素晴らしい。
 ビバ石鎚。
 これは山の色がたまらんなあと思って撮った写真。
もっとあずき色で紫だった。色味があまり再現できていない。
 日が差してきたがなかなか寒い。県境を越えてから休憩。
 朝ごはんはフィッシュフライドック、天ぷらそば、コーヒー。
なんでも徳島は「そば」が美味しいとのことなので、インスタントでもどうなのかとやってみた。体が冷え切っていたのもあり、かなりおいしい。
 早く着きそうだったので、Dさんから聞いたことがある土柱を見に行く。
あちこちに看板が出ていた。
 土柱だ。高さ13mだったっけ。
こういう現象、畑で見たことがあるような。
 こんな感じに土が削れるやつのスケールが大きい版。
 辺りは一応温泉街になっているらしい。
R192からR55へ入ったところで、ど僕さんとasamiさんに遭遇。
わーいと思ったところで違和感。
 左ペダルが緩んできていた。
運よく徳島のRBがあったので営業時間を待って締めこんでもらった。
僕のルネさんは今治で買ったのだが、実はRB徳島店から寄せてもらったもの、ルネさんの里帰りタイム。

なかなか迷いながらも
海のほうに行って、あれ誰もいない、心配して僕を探しに戻ったりしてるのかなと
それらしき集団(集団は何人からなのか)を運よく見つけて
 30分くらい遅れて到着。
 あれーみたことあるぞー。
僕のブログを見に来るような人だったらみんな知ってる、sakubondesuさんでした。
 こっちはいつもの皆さんです。
 もしかしたらもう二度と見ることもないかもしれませんので
 念入りに撮っておく。
 4台5人12輪も集まったのでうちとしてはかなり上出来。
 こちらはバイク参加者。
向かって右からshimixさん,asamiさん、jirizonov、sakubondesuさん。
大体ブログのほうで見たことがあるのですが、実際に会ってみると印象も違う。
バイクも人もね。
 こちらは諸般の事情で4輪参加者。ど僕さん。
ど僕さんは大体いつも通りの印象。今年も水谷豊っぽい。
すぐに昼のサイレンが鳴り始めたので、昼ご飯に移動開始
てこ屋ってとこに行こうと思ったが、臨時休業。
ひわさ屋ってとこに行った。
日和佐の町は小さくて助かる。
こちらのお二人は育ち盛りの中二男子のような定食。
草食系肉食獣的な。
こちらのお二人はお魚大好き、川辺や海辺で見られるカワウソとかオットセイのような水棲哺乳類的な。(悪気の無い比喩ですよ。)
なかなか美味しかった。まず無いと思いますがもう一度行く機会が運よくあったらまた行ってみたい。
海がきれいだ。空も。
でここで解散とはならずにDさんが下調べしてくれていたスピリチュアルゾーンに行くことに。
なぜか完全アウェイなsakuさんの先導で。
R55を南西に移動。
ナビでは41分とか聞いていたが。
ほどよい時間で到着。
なんなんここ?
広い敷地にたくさんのお寺?神社な建物が並んでいる。
ど僕さんによると地獄が見られるそう。
(どうやら私に霊的に生まれ変わって欲しいらしい、その前に地獄に行って欲しいとのこと。)
これは何が写っているかというと
だいたい僕のけつが写っておる。ジリだけに。
この穴をくぐると、やや罪深くなくなるとのこと。
必死でくぐりまくった。

なんか急にメンバーが増えたように思うが。
さっきまでいなかった裸の人とか、やたらでかい人とか、おじいさんとか。
写真中央のおじいさん(和尚さんだと思う)が多分久しぶりに地獄についての説明をしていたのだと思う。
僕は(信長さんのように)坊さんに寛容では無いので、途中で席を外して。
これみんな動いているのです。電気代はいかほどか。
お子さんと来ると面白いはず。
亡者の顔の作りこみがすごかった。
ここでは右にいるイノシシのような奴に本当にビビった。
地獄も見れたので解散と。
最近見慣れつつある撤収風景。
解散といいつつ、この後のルートも徳島までは皆同じだったようですが、
メッシュジャケットでいたら腹が冷えたのと、土産を買ってないことを思い出したのとで、日和佐の道の駅に寄り道しました。

いやあ、ホントに遠いところ皆さんありがとうございました。
(次からはもちっと近いところで無難なところでしたいと反省しております。)
でもなかなかいい町でしたよ。
バイクの皆さんも東西に走って居られました。
僕はR55からR192、混んでそうな徳島の市街地を回避しようとして混んだところに入り込みながら、給油後大人な判断で徳島道に乗りました。
西条から石鎚SAの辺りで途中、銀色のルネッサがえらい勢いで抜き去っていきました。
(僕はだいたい100キロ出てないくらいでのらりと走っていたのですが。)
トイレを急いでいたのかなあと寄ってみましたがそんなことも無く。
しかし懐かしいねここ。
今治には7時過ぎに着きました。
今回燃費は548km/16.4L=33.4km/L。
今回もらったもの。

2017年5月24日水曜日

今週末の予習をするじょ~

今週末、5月27日は
今治ではバリシップ。
ね。
でも僕は徳島の日和佐ってトコに行こうと思っている。


ちょっと遠いんですけども。
でウミガメを見るかどうかは未定。
でもバイクはみるじょ~。

2017年5月21日日曜日

ミラー酩酊中

 今治市内、そこかしこに案内看板が出ている。
5月27日は「バリシップ」。
今治市は海事都市を名乗っている。毎年この時期になかなか力を入れてやっているようだ。
海とか船とか好きな人は1日楽しめる催しのようです。
ミラーを100均部材のメガネレンチを利用して見やすい位置に設置してみた。
この前の素材に比べたらしっかりしているのだが、走っていると振動で緩んできてしまう。
もう普通でいいかなって思い出しでいやす。

2017年5月19日金曜日

ミラー迷走中

今回始めて純正以外のミラーを手にしてみたのですが。
いかんせん、ハンドルを切った時に膝にミラーが当たるような気がして、慣れないのとちょっと照れるのです。
カッコいいんだけどもねバーエンドミラー。
 それで家で棚を付けようと思って妻に反対されてやめた100均部材があるので
 切ってミラーのホルダにならないか?とやってみた。
バーエンドミラーの固定ギミックをバーエンドじゃないとこで使ったらどうか、ルドンコだったら出来るはずとやってみた。
 ちょっと一瞬カッコいいんじゃないかと思った自分が悔しい。
部材が薄くてすごく強度不足だったのでここで諦めて外して帰った。
もう1週間くらい悩む予定。

明日は船で呉に行こうと思う。すごく晴れそうだけど。
ドラクエとか思い出していただくとわかっていただけるかと思うけど、クエスト前にはMPHPは出来るだけ温存しておきたいわけです。

2017年5月18日木曜日

フランソワーズ モレシャンは悪くないけん

別体タンクにあこがれて、シナ製の安マスターをくっつけてみたが、オイルが漏れるという話の続き。
 タンクの角度を走行時に水平になるように変えてみたが漏れ続ける。
どこからか滲んできているのです。このホースのメッシュ地のところがべったり湿っている。
あちこちの接続部が怪しい。けども、もしかしたらホースが割れているのかもしれません。まだ未確認です。
でニッシンのやつに付け替えた。
こちらはエア抜きもあっという間に終わったので、そもそもシナ製のやつはやっぱりどこかに隙間が開いていてそこから空気が入って来ていたのだろうと思った。
RBでオイル交換。ついでにドレンボルト(とOリング)も交換してもらう。
定番マジェスティのやつに。僕はオイル交換を自分でしないのでその必要もさほどないのだが。
こちらは純正のやつ。いくらか舐めている。
 利用方法が思い浮かばなかったのでRBに置いてきた。いままでありがとよ。


2017年5月17日水曜日

ルドンコハンドルつけたけんね

なかなかポップでファンシーな仕上がり。ハードキャンディフル。
今回当初変えようと思っていたのは
純正ハンドル→ルドンコハンドル
純正スイッチ右左→純正スイッチ右左
純正ブレーキ→別体タイプマジェスティ用とアントライオンのレバー
純正クラッチ→アントライオンレバー付きのやつ
純正グリップ→TZタイプグリップ
こんなところか。
全体的に周回遅れのまねっこでございます。
とりあえず走ってみた。
こんな感じだ。
TZタイプグリップが薄手なのでとりあえず防振目的に重めのバーエンドをつけてみた。
純正ミラーやこれまた交換したモダ~ンなブレーキ、クラッチレバーと相まってごつい?大げさな感じ。
 すっきりさせたいので、バーエンドミラーを買った。
それでまあこんな感じですが。(ミラーが写っていないね。)
 なんか垂れてる。これはあれですわ。
 ブレーキオイルが漏れていた。
径1/2インチのシナ製(多分ニッシンのコピー品)なのですが、なかなかエアーが抜けなくて大丈夫かこれって思いつつ、それでも自分の運を信じて、しつこくオイルを送っていたらどうやらブレーキが効くようになってきたので、一安心していたのです。
が、漏れている。
メッシュのところが全体的に滲んでいるので、別体タンクとのつなぎ目から漏れているっぽい。(こういうところ、シナ製おなじみの組み上げのミスだと思うのですが、いっそ組み上げは我々器用貧乏な日本人に放任したキットで売ればいいのにといつも思う。)
ホースを付け替えるのもいいかとも思ったが。
ホース付け替えても漏れるかもしれない。
こうなるとあちこちの接続部が怪しく見えてくる。
あとこれ、今回付け替えたレバーだと(握りこみが浅い設定でも)握りこんだ時にグリップと近すぎるのです。
そこで盗人に追い銭といった気分だが、おそらくちゃんとしているであろう、ニッシンのやつを手に入れた。
これはTZR用の径5/8インチのやつ。
径が今までと変わるのがやや怖いところ。
1/2インチより、ピストンを押し込む長さが短くなり、右手を握りこむ長さ?も短くなり、手ごたえは支点~力点の距離が同じ時、重く?固く?なるのではないかと思っているのですがどうなんでしょうねえ。

ルドンコハンドルってのは純正ハンドルに比べると握るところが、高さはやや低く(もちろん高くすることもできるけども)なるのですが、体に近いところにくるので姿勢はむしろ楽な印象です。

日曜日はすごく晴れている中
 近所の中学生の応援(あんまり応援してないですが)頑張ってるところを見に行った。

めでたしめでたし。