2017年5月17日水曜日

ルドンコハンドルつけたけんね

なかなかポップでファンシーな仕上がり。ハードキャンディフル。
今回当初変えようと思っていたのは
純正ハンドル→ルドンコハンドル
純正スイッチ右左→純正スイッチ右左
純正ブレーキ→別体タイプマジェスティ用とアントライオンのレバー
純正クラッチ→アントライオンレバー付きのやつ
純正グリップ→TZタイプグリップ
こんなところか。
全体的に周回遅れのまねっこでございます。
とりあえず走ってみた。
こんな感じだ。
TZタイプグリップが薄手なのでとりあえず防振目的に重めのバーエンドをつけてみた。
純正ミラーやこれまた交換したモダ~ンなブレーキ、クラッチレバーと相まってごつい?大げさな感じ。
 すっきりさせたいので、バーエンドミラーを買った。
それでまあこんな感じですが。(ミラーが写っていないね。)
 なんか垂れてる。これはあれですわ。
 ブレーキオイルが漏れていた。
径1/2インチのシナ製(多分ニッシンのコピー品)なのですが、なかなかエアーが抜けなくて大丈夫かこれって思いつつ、それでも自分の運を信じて、しつこくオイルを送っていたらどうやらブレーキが効くようになってきたので、一安心していたのです。
が、漏れている。
メッシュのところが全体的に滲んでいるので、別体タンクとのつなぎ目から漏れているっぽい。(こういうところ、シナ製おなじみの組み上げのミスだと思うのですが、いっそ組み上げは我々器用貧乏な日本人に放任したキットで売ればいいのにといつも思う。)
ホースを付け替えるのもいいかとも思ったが。
ホース付け替えても漏れるかもしれない。
こうなるとあちこちの接続部が怪しく見えてくる。
あとこれ、今回付け替えたレバーだと(握りこみが浅い設定でも)握りこんだ時にグリップと近すぎるのです。
そこで盗人に追い銭といった気分だが、おそらくちゃんとしているであろう、ニッシンのやつを手に入れた。
これはTZR用の径5/8インチのやつ。
径が今までと変わるのがやや怖いところ。
1/2インチより、ピストンを押し込む長さが短くなり、右手を握りこむ長さ?も短くなり、手ごたえは支点~力点の距離が同じ時、重く?固く?なるのではないかと思っているのですがどうなんでしょうねえ。

ルドンコハンドルってのは純正ハンドルに比べると握るところが、高さはやや低く(もちろん高くすることもできるけども)なるのですが、体に近いところにくるので姿勢はむしろ楽な印象です。

日曜日はすごく晴れている中
 近所の中学生の応援(あんまり応援してないですが)頑張ってるところを見に行った。

めでたしめでたし。

0 件のコメント:

コメントを投稿