2018年6月17日日曜日

朝ミーツーは第9♪

天気予報によるとほぼ雨はなく、晴れるとのこと。
じゃあ呉まで走ろうかって。
  さあ五月晴れだぞ!って出たのですが、ずっと曇ってました。
今回は西瀬戸道を渡ったあと、R2からR432、竹原のあたりから海沿いの道、R185。
安浦で県道に移り黒瀬でR375。
 何時ものデイリーヤマザキで朝ご飯。
 ほどなくasamiさんも到着。
見てもらった。
苦心したところとか聞いてもらった。
asamiさんのとこから地図を拝借。こういうルートだったようだ。
くねくね道から海と呉の市街地が見えると、おっ、てなる道。
これまたasamiさんのとこから借りた写真。
市内のイートインで出社前の休憩。
ホットコーヒーがたまらんうまい。
広島風問題についても語った。

朝走ってる時には薄く曇っていて、日が出ると暑いのだが、だいたい寒いような状況だったのだが、会社について講習が始まると日が出て程よく暑い。
眠いことこの上なし。
何時もよりも時間がかかって呉を出たのは16時過ぎ。
呉松山フェリーを使うと帰るのは21時絶対過ぎちゃうので。
忠海を目指していたはずが
 気付くと岡村にいた。
この船に乗れると思っていたのだ。
バイ(シ)ク(ル)の皆さんは乗れるらしい。
最終便が大三島に渡るようなので1時間くらい待つことに。
 金沢で見た草があった。
 来島海峡大橋が見えるが、今日はあれを渡らねばならぬと思うとちょっとうんざり。
 
ということで無事帰ったのでした。


2018年6月15日金曜日

明日は♪

今治とか呉方面晴れるような感じ。
きっと五月晴れなのだろう。

久しぶりに呉までバイクで行こうって思う。
朝は寒いのかな。

2018年6月14日木曜日

五月晴れを待っている♪

五月晴れが梅雨の晴れ間の事である、ということを知った、気に留めるようになったのはオートバイに乗るようになってから。
僕はそうですね。
最近知りました。
同じような人が多いのでは?という説をとなえつつある。
最近はかに玉どんぶりブーム。出来れば甘酢あんかけがいい。
(簡単に作れるやつではA素が甘酢あんだったような。)
砂糖と鳥ガラだしが無かったので、めんつゆで代用したのだが、中華味では無かった。
晴れてたらどこまでも行けるんじゃあないかって、晴れるのを待っています。

2018年6月13日水曜日

最近のヘビロテ

僕はミーハーを嫌っているが、僕自身はミーハーな人間だと思っている。
このところオススメのところに出てくるし、普段流しているツベBGMでもいつの間にか流れてくるので、それとは思わず聞いていた。
なんかよくかかってくるな~って思ってた。
すごくメディアでも取り上げられているらしいですね。
ださなんとかとか言っちゃって。

アンチミーハーなミーハーとしてはそういうのに乗りたくはないのです。
マスコミさんにどういう意図があるのかわかりませんが、かつての所業の罪滅ぼしのつもりなのか、あるいは餅代の割に売れそうだから乗っかってる、乗せようとしている(まあこれでしょうねえ)だけかな。
この「コール」付きのほうが標準になってしまった。
自由で楽しそうなのはいいと思う。

これはかなり好きなのだが、近所のちゅー一君がふざけてこんな踊りというか動きをしているように感じるのは僕だけだろう。
妻の同意は得られていない。

2018年6月2日土曜日

小変更だが苦労した♪

 感じていた思っていたのと違うってとこを変更。
 テールが垂れているのは嫌いではないのですが、シートと角度が会わないようなので
シートの角度に近づけた。
こんなことですが手間がかかりました。

2018年5月29日火曜日

線香あげてきた件、今日はこんにゃくの日。

日曜日。
早く目が覚めたので朝ごはん前に散歩、というかもう一度墓参りに。
なかなか来れないので。
 日本海側では今でも夷狄に備えておるのです。
 船を釣るクレーンが動いていた。
 綺麗な漁港です。
 この灯台、おじさんによりますと日本海側で一番明るいのだとか。
お墓のそこかしこに、海から入ってきた花が咲いている。
朝ごはんの後、どこに行きたいのかって聞かれたのだが、特に行きたいところもないのですが、候補地の兼六園は昔行ったことがあったので、砂浜を車で走れるところに僕だけ行ったことがないと言うと
 そっちに向かって走り出した。
 砂がものすごく締っている。
 バイクも多い。
この土日はマスツーのイベントがあったようで、米原駅とかで見たバイクも多くはこちらに来ていたようだ。
 日本海が平だ。
マスツーのイベント会場ではT橋ジョージのステージがあるとかいう情報を伝え聞いてきたのだが、この4人の中では、どうでもいいシンガートップテンに数えられているので会場手前で普通の道に戻る。

コスモなんちゃらと言う博物館へ向かう。
 砂で造形していた。
 
 宇宙っぽい何か。
 これは打ち上げられて戻ってくる部分ではないだろうなあ。
 レプリカではなく、予備機ということなのかな。
 芝刈り機はちょっと月面作業車に似てると思った。
 レプリカではないが、実際に使われたのは今も月面にあるはずなのだ。
 これは地球に戻ってきたやつらしい。
 中は狭そうだ。
 これも予備機か。すごく高いので無料で100年リースをしてもらっているらしい。
 
 これは図鑑で見たことがある。
 でた~フォン・ブラウン。
  シールドには金が貼ってある。
それに金沢の伝統技術金箔細工が使われたというわけではないのだろう。
  アメリカの人が乗っていった着陸船の予備機。
 時計をほしいと思うことはあまりないが、これは欲しくなる。
 この図も何かの図鑑で見たことがある。
 ジェダイのコスプレをする宇宙飛行士。
 ソ連が使っていた月探査機。アメリカと違って無人機だ。
アメリカよりソ連のほうが人命が重かったのではないかって思った。
あ、そうかアメリカにはケネディとフォン・ブラウンがいたのか。
青いジャケットを来たネーチャンがおっさんの団体に向かって、いろいろ説明をしてくれていた。それを僕は盗み聞きしていたわけです。
妙齢の微妙に美人さんだったからか、おっさんたちは楽しそうに絡んでいってましたね。

ここを出る頃には10時を回っていたので、金沢に戻って昼ごはんだねって、金沢に戻り。
16時前の汽車なので15時ぐらいまで、おじさんたちの知り合いの店などをはしご。
金箔細工の店では金箔体験が出来たようだ。してないけど。

 駅前の門。
 木でねじったように組んである。
 なかなか面白い。
柱の中に金箔の金剛力士像とか置けなかったのかなって思ったが、悪趣味かもね。
イノセンスっぽくなるかなって思っただけです。


空間を曲げて高頭身で写ってしまった。
土産と夕ごはん用に笹ずしなどを買ってもらってK沢を出た。
敦賀を出てしばらく走ると進行方向左手に広い水面とそれに面した街が見えて不思議だったのだが、米原に向かう上り側は衣掛山というところでループしていてそれでもう一度、日本海と敦賀の街が見えていたのだな、と帰ってグーグルマップを見てわかった。

ということで線香をあげに行きたいという僕の存念はかなった。
残された親御さんの言動や表情の中に亡くなったハトコの面影が見えて、(僕を含む)彼を知っている人が残っているうちは、寂しい一方で、いくらか残っていて、全て消えて無くなったりしないのだなと思った。
玄関先にあった狸と帆掛け船を頂いてきた。
この置物、中が空洞になっていて傘とか船体上部が蓋になっている。
香炉ってやつなのかな。
灰皿にならんこともない。
何か機能、使い方が着いているのが嬉しい。
貧乏性なのです。
宇宙人と宇宙船に見えないこともないなと思った。



朝ミーツーは第9♪

天気予報によるとほぼ雨はなく、晴れるとのこと。 じゃあ呉まで走ろうかって。   さあ五月晴れだぞ!って出たのですが、ずっと曇ってました。 今回は西瀬戸道を渡ったあと、R2からR432、竹原のあたりから海沿いの道、R185。 安浦で県道に移り黒瀬でR375。 ...