2017年7月26日水曜日

帰りの日

私も良い子ですんで、夜遊びとかしないので朝起きて身支度を始める。
洗濯ものがどうも生乾きなのでドライヤーをあてる。
 朝食。一通り昨日と少し変えて取った。おなか一杯。
8時くらいにホテルを出て、昨日のガススタで給油。
 NNさんがよくたまーに来られる最近はあまり行けなくなった、という港に来た。
旅立つ感出てますよね。
向こうでは船から砂を下しているのだが

けっこう振り込むもんなのだな~って。どっかにガコーンってぶつからないものなの?
 昨日の夜ドライブ中に、「こんなところに植木が並んでる~さすが産地ぃ」と勝手に思った木らしき「影」はテトラポットのものだった。
(何を言ってるかわからないと思いますが。)
今朝は猫はおらず。
「何か公園がありますね~」と言っていたとこは津波が来たら逃げ込むスペースらしい。

さて、だいたい思い残すこともないわけでもないのですがそろそろ帰る予定時になって来たので出発することに。
R10を北上して西都辺りから高速に入るつもり。
西都辺では古墳自体はわからなかったが「古墳群」の看板は目に入った。
「空母打撃群」みたいでカッコいい。
高速に入ってしばらく私の前を高千穂行きバスが行く、ついていったら高千穂かあ、でも高千穂から高森とか、あっちの方、道通れるのか、大丈夫なのか正直わからないのでやめておいた。
で北川の道の駅で休憩。バイクも多い。沖縄ナンバーも愛媛ナンバーもいた。
ここでチーズ饅頭と訳ありのマンゴーを手に入れ。
鮎の丸焼き、朝食べ過ぎたのでこれが昼食。
大体食べた。
臼杵まで高速にのって昼過ぎに佐賀関についた。
一番タイヤが細い。行きの時に一緒だったT島の2方もおられた。
(話はしませんでした。)
寝ているとすぐに四国。
四国の空もガスっている。
かなり混んでいた。

上陸後、M崎ナンバーの大型二輪2台が信号待ちで反対車線にはみ出して車列を追い越して一番前に行った。確かに遅いトラックがいて車列の全員多分イライラしてはいたけれど。
もうちょっと人目を気にした乗り方が出来ませんかねえ、バイク乗りがみんなそうだと思われると困るんですよね。
君らの乗ってるそれは土人の乗り物じゃあないのですよ。
「NNさんはなあ!NNさんはなあ!君らM崎県人の振る舞いに嘆いて!( ;∀;)
恥ずかしくないのか、このバカチンがあ!( ‘ ^‘c彡☆))Д´) パーン」
とヘルメットの中で説教。
かくゆう私もその後、そのトラックをトンネル内で追い越しましたけども(;´・ω・)。
やって膀胱の調子が…。トロトロに付き合いきれなくなってですねえ。
そして松前町ってとこで給油して三津浜から観光港の方へ抜けてトコトコ海沿いを走って17時過ぎ帰りました。

まとめると。
M崎って思ってたより近かったし、また用が無くても行きたいと思えるいいとこでした。
昔は新婚旅行のメッカだったとか。
ガーネット婚旅行とかジルコン婚旅行とか磁器婚旅行とかで妻と行ってみたい。

あと。
NariNariさんはやっぱりとっても紳士マギー審司な方でした。
これからも元気で乗り続けていただきたい。
ダジャレも言い続けていただきたい。

今回燃費は819km/25.5Lで32.1km/Lでした。
私からは以上です(;´・ω・)。

2017年7月25日火曜日

M崎観光の日

朝5時頃起きる。
朝風呂に入る。
6時半から朝食バイキングだというので6時半に食堂に行くとすでに帰る方もちらほら。
一通り少しずつ取ってみようとしたが、一通りの前にすでにおなか一杯。
昨日の夜からシーザードレッシングがかかったサラダが美味しいと思っていたので、今日もシーザーをぶっかけた。今思えばサラダに温泉卵を落としてシーザードレッシングをかけたらもっと良かったのではないか。
もう一回だけちょこちょこつまんで朝食は終わり。

NNさんは8時頃ホテルに来るとおっしゃっていたが、することもないのでNNS基地に向かった。
 基地に到着。
NNさんも基地におられた。
 近所のおばちゃんが出てきて、NNさんをつかまえて何か言っている。
どうでもいいことをさも大事なことのように。
大変です。暑いのに。雷が落ちておばちゃんの調子が悪くなったという証言を聞き流しながら。
エンジン音を拾ってみたり。
なんかちょっと私のとは違うんだよね。
大体日南海岸周辺を目指して、暑くなったら帰ってきて、そのあと車で西都方面の古墳群を見に行こうという、本日の予定。
市内で給油後R220へ。
ヤシの木が中分にずらっと植わっている。
R220の堀切峠バイパスから外れて旧道の方へ。
山道が突然海沿いの道に変わる。
地球の丸さを見ながら道の駅フェニックスに到着。
植わってるヤシがフェニックスなのです。
 しばしミーティング状態。
朝の光を受けて暑そうでしょ。
 すごく暑いのです。
でもいい気分。
 だって世界は青くて広くて丸いのですもの。
1Fの土産物コーナーでレクチャーを受けながら
3Fのベランダで海風にあたりながら
室内の強力なエアコンの風で生き返りながら
駐車場に戻ってみると魚屋さん風のトラックが隣に止まっており
最近銀ルネに乗り始めた日南のヒロキさんでした。
仕事中なのに顔を出してくれたようです。
暑いからこまめな休憩、給水も必要ですからね。

NNSはトピック満載の1台ですから話も尽きない模様。
ほぼ純正のうちのルネさんと比べてもいるようです。
恥ずかしいからあんまり見ないでくれたまえ。
さてほんとはもっと話したいこともあったのでしょうが、仕事中だったり暑かったりまだまだ観光中だったりしてほどほどでこのミーティングも終了しまして
ちょっと悩みましたが鵜戸神社を目指すことに。
NNSは見た目は重厚ですが、動きは軽快そのものですね。
最高速度は同じになるのかもしれませんが、平均速度は上になるのでしょうね。
鵜戸神社の入り口はややトリッキーでしたが、我々は無難な方に着きました。
おもしろい、あるいはキモい形の岩の隙間に
こうして社殿があるのです。
 カープとかも何かの祈願に来ているようだ。
でこの運の刻印がある粘土でできた団子を
下方にある亀石の穴にぶち込むと、願いが叶うとのこと。
野球選手だったら楽勝でしょうね。
私のは入ることも無く。
妻ともっとラブラブになるように願っていたのですが。
そんなに難しいことなのでしょうかね。
鵜戸神社からM崎方面に戻ります。
戻りつつもうちょっと観光してみようと。
ちょっと戻ってサンメッセ日南に。
公認モアイ像があるところです。
歴史的なつながりはどうでもいいとは思いますが。
日本人も南方系とか海洋系といわれる顔立ちの人(故飯島愛さんとか)がちらほらおられるのでつながりが無いとは言い切れないのですが、イースターでモアイモアイやってた歴史ってさほど古くはないようですね。
日本人とイースター人?は地理的に離れたずっと後で、江戸とモアイの歴史があるような感じです。
たぶんそう。
いろいろ書いてあります。
モアイ像を見た後、休憩しつつ
上まで歩いていく気も我々は絞っても出ないのでカートを借りてブイブイ走ってみます。
ヤマハ製のカート。原動力は不明。
南国昆虫の標本があったり異国感のある彫刻があったり、自由な感じ。
このフクロウの彫刻?は小さいレプリカがあったら欲しいです。
建物とかに流れている音楽やスタッフの服装がハワイっぽいなと、
日本人ってハワイもグアムもポリネシアもイースターも大体同じところに整頓しているように思います。私もそうですが。
カートのレンタル時間終了とともにサンメッセ日南をあとにします。
M崎方面に北上。
青島に寄りたいと私が言っていたので途中寄っていただいたのですが、思ってたより長いこと歩かないといけないようなので取りやめ、基地に戻ることにしました。
市内に向かうにつれて混んできます。
この辺でうちのルネさんの右ミラーが緩んできたのです。
応急処置のためにコンビニに。
ついでに休憩。

基地に戻って軽く昼食をすまして冷房にあたって適当なワッシャーをいただき調整をしているうちに、西都の古墳群に行かなくてもいいんじゃない?絶対暑いよってなってきて。
で昨日、はめ込んだクラッチレバーのところのボルトが今日午前中の走りで緩んでおるのを見つけて、これまた適当なスペーサーを見つけて(なんでもそろう、スペーサー役になったのはボイラーの部品らしい)かなりちゃんとした状態になったような。

で、夕食をまた一緒にさせてもらうことにして、夕方まで風呂に入ったり洗濯したり、スーパーに土産物買いに行ったりして、BSでボウリングやってるのを見たりして。
20時頃から宮崎牛の鉄板焼きの店に。
じゅーっていう音を聞きながら。M崎っていいところですねえって。
もっと近かったらいいのにって思います。
高速もつながって十分近くなったのでしょうけどね。
それでもバイクで日帰りは無理(無理ではない)だし、そしてなによりもったいない。
朝があって昼があって夕方そして夜があってようやく1セットっていうふうに思います。

夜の宮崎市内をドライブしていただいてですな、しっぽりとM崎の夜は過ぎていったわけです。夏は夜だなあ。
写真とかないけどいいでしょ。

2017年7月24日月曜日

おやっ!の日

始めに。
ありがとうございました、NariNariさん。
いつもお世話になっておりますので今更ですけれども
(私としましては福井の祖母姉兄の家に遊びに行った時以来の)
手加減の無いホスピタリティを受けちゃいまして
楽しいのと共に感動ひとしおの時間でした。
今「思い出し幸せ」を味わっております。
おかしいな、画面が見えません。

3日分のことを全部まとめてしまおうとも思うのですが、まあ無難に1日づつにしようと思います。
 さて、良い子の私は当然楽しみで寝られなかったので21日2時に出発。
 えらい西の空が明るいなと思ったら、石油プラントでかがり火を焚いておりました。
 3時間くらいで三崎港に到着。
港で始発を1時間半ほど待ちます。
でかいお魚がおります。
だんだん乗客が増えてきます。
これはハギですかね。クラゲをつついていました。
バイクはこの3台。T島ナンバーのお二人。
 70分ほどの船旅。クーラーのきいた船室で寝ておきます。
佐賀関が見えてきます。
佐賀関から臼杵に抜けるところで、今や懐かしいところを通りました。
こーんなところにあったんやね。
佐伯から東九州自動車道に入り、どうやら延岡南までは無料区間らしい。
適当に下りて道の駅にて給水。
キャンプ場も併設してあるのか。
うーん、見所いっぱいありそうですが、先を急ごう。
急ぐ必要はないのですが。
で、延岡の手前で高千穂ってとこに行けそうな雰囲気の自専道があったので行ってみたのですが、盲腸のようにすぐ終わった。もう30キロ走ったら高千穂とのことらしいですが、ガソリン残り量が微妙になるので、ここで引き返します。
この日はここから暑かった。
ずっと10輪トラックが前を走っているような気分。
どんよりと晴れた空が無情に続く。
山の方には雲が出てきて夕立の準備をしているもよう。
M崎のどんつきまで東九州道に乗り続け、空港近くの赤江というところで下りました。
M崎空港に寄ってみました。つや消し黒のカッコいい汽車がおるのです。
汽車といっていますが電化されています。
空港にほど近いところに軍遺物が残っているらしいのです。
こちらには慰霊碑がありました。
グーグルマップで予習したところでは、ここから川沿いの道沿いを下ると「それ」を見ることができるようでしたが、車止めがあったので歩いていくべきなのでしょう。
暑いから無理。
引き返し。
赤江からM崎港に抜ける道を通ってみますと、畑の中に防空壕的何かが。
縄文時代の遺跡かもしれませんが。
で、自専道の向こうにそれを見つけました。
川沿いの道にバイクを止め、自専道の下から眺めます。
これは先の大戦で赤江基地にあった双発の戦闘機(今だったら攻撃機扱いかも知れませんが)を空襲から保護するために作られたシェルターだと思います。
さてそこから赤江大橋を渡って
M崎港。いつもNNさんが行くところを目指したのですが反対側に来たようです。
で携帯を見るとなんだかメールが届いている模様。
ただ、私の携帯なかなかボロですので陽光激しい世界ではよく分からないのです。
そこでうっかり忘れていた昼食を食べに、途中で見かけた喫茶店に行くことにしました。
ランチを注文しつつ、メールを見るとNNさんからでした。
「いまどこ?」
「港近くの喫茶店でランチ中」
「港って佐賀関?」
「Mざき?」
「え~もうついたとか?」
「まじめにM崎港近くのグレコとかいう店にいます」
(↑全体的にかなり略しています)
ということで、NNさんが私を迎えに来てくれることに。
「できれば1時間粘って」という御指示がありましたが、きっと冗談だろうなあと思って店の前で待っていましたらやっぱりすぐ来てくれました。
で、まだホテルに行くには早かろうということで、NNさんの基地に連れて行っていただきました。
基地には

お馴染みの黒い奴(NNSと呼ぼう)が鎮座しておりまして。
別に用もないのに写真を撮ってしまうのです。
まあ、よくNNさんはご自身のブログで難易度高めの
「どこが変わったでしょうか?」クイズをされるのでその対策でもあります。
弄りたおしてあんまりルネッサ分は残っていないと見る向きもあるのですが
エンジンを見るとルネッサかなって思うのです。
サスもこのぼこぼこしているところが何ともカッコええなあと思うのです。
このエンジン番が白く浮き出ていてカッコいいなと思ったので、
カッコいいですねって聞いてみたら「…サビてるんじゃないかな」とのこと。
侘び寂びなのかもしれんですね。
そうそう、この前の4kミで行く途中「うちのルネさん、走ってたらなんだかクラッチが軽くなる事件」があったのですが、それはクラッチレバーのところのボルトが抜けていたからだということがここで判明しました。まあ気づいていないってすごいなあと自分で呆れて感心しました。アントライオンのレバーはボルトが無くてもとりあえずクラッチ操作ができるのですね。

でほどほどバイク周りでバイク周りの話などをしたり上記のボルトの役をするボルトを探したり、NNさんが仕事などで使う機械がそこかしこにあるので、わからないなりに聞いていましたら、そろそろチェックインしても常識的な時間になりましたので、ホテルに行きさっぱりしてから食べに行こうと。
NNさんがよく出張などで利用する駅方面に行きまして
でまた、飲んだり食べたり話したりしたわけでございます。
(皆さんくしゃみとか出ていなかったですか、お体ご自愛ください。)
そんなふうに非常に理性的におやっ?の日は終っていきました。

最近のわたがしと業務連絡

グロ注意。 生ゴミではなく僕の昼ごはん。 冷蔵庫に野菜が無く、時々思い出しては、ずっと気になっていた、まだ暑い頃に糠床に漬け込んだ、あるいは遺棄した、そんな思い出のきゅうりをトマト缶焼きうどんに刻んで入れた。これで野菜不足も解消か。 大体加熱すれば大丈夫だという...