2014年10月19日日曜日

お供馬の日

さっき行ってきた。
すごかった。
大変だな‐と思った。
まず駐車場だが、道はやっぱり駐車禁止なんだけども、駐車場が来る人に対して少ないようで、さらにいちいち取り締まる人が居ないようで、路駐祭って感じ。

祭りといえば地元の人が駐車場でイロイロ案内してるイメージが有ったのですが、そんなの交番に任せちゃえって。
地元の人は「馬と祭り」にかかりっきりにならざるを得ないって。
そんな感じ。
命がけというと大げさですが、今日も怪我人が出たようですし。

主役が小学生~中学生の男子で、大人たちは馬を引いたり、継ぎ獅子組んだり、会場での世話を手落ちの無いようにせんと、ケガ人がポコポコ出るやろうし。
大変だな‐。
って。
目の前で馬がターンして一斉に縦列で、参道を駆け上がっていくわけですが、迫力あるよ。
蹴爪で飛ばされた土塊が飛んでくるし。


落ちのない動画をあげときます。

大変ですが、その苦労も意義のあるものと感じられれば、きっと報われるのでしょう。
伝統というのはそういうもんですかね。

今までどおりで続けていけるかわからない世の中ですが、コレはカッコイイ方の伝統ですから、続いていくんじゃないのかな、と思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

とりま

明日のミーティングみたいなやつ 順延だってさ。