2015年2月7日土曜日

星座なんて知らない

血液型を取り上げたので、星座占いも取り上げてみようと思った。
生物学的な根拠ってのはあまり期待できなさそうなんですが、
なんか長い歴史が有りますからね。

星座占いは科学的にはどうなのかって言うと、天文学とか季節学と結び付きがあるっ感じ?ていうか、占いっていうのは元々、何処の国でも、今自分の知らないことを何かの手がかり:変数を突っ込んで、バタフライ・エフェクト的なシミュレーションをしたりして、何が何でもこじつけてでも、知りたいっ!て言う事から始まってると思われますので、占いこそは科学の母、ルーツなのですな。
今でも占い師の皆さんは、「えっ!ちょっとアナタ!オカルトじゃなくて統計学ですけど!」って主張していると思います。


さて星座占いといって、ざっくり調べようとかって思っても、ちょっと手に負えないくらい、沢山流派があるとようで、グーグル様がある時代でも、早々に調べる気は萎えた。


僕が知ってることといえば、我が家族や数少ない友人達の星座と人となり、そして昔、美容院(まあお母様と一緒にカットしてもらってた訳だ)に行ってて読んでた本(読んでた本は主にジャンプだが)シャレオツな婦人誌(moreとかね)ですか、モデルがバーンと出てて、メイクやらなんやら写真ばっかで重たい雑誌にのってた星座占いの知識なんですが(婦人誌では時々「占い特集」が有ったりしました)、それをいい加減に必死に脳内検索しながらでっち上げていこう。

で星座占いって言っても「今月の運勢」みたいな、天体の動きに左右されているという部分なんかは、僕なんかから見ると完全にブラックボックス。
やって星座とか星の動きとか、わかんないもん。そして星空を見上げて目が悪いのもどうにもならない。逆まつ毛なので、望遠鏡をのぞき込むとまつ毛の影が映ってイライラするし、北極星とか北斗七星とかカシオペア、オリオン座、金星とかはなんとかわかるけど運勢の占いには役立たない。

星座占いの中で、性格判断的な部分に限っては、星の動きに応じて変わるものでないらしいし、誕生日はなかなか変わらないので、これは実際にその星座に分類されている人と付き合っていきながら、(こちらもバイアスをかけながらになる場合もあるんだけども)この人は射手座っぽいなとか思ったりすることは可能だった訳です。

で今までの数少ない人付き合いを思い出しながらまとめようと思ったのだが、付き合いの薄い星座もあってハキとは言い切れない場合があるなあと思うのを無視して、一言でディスっていく感じでいく。

星座占いにかぎらず大体の占いでそうなのだが、とにかく説明文が長い。
明日の天気は、晴のち曇一時雨または雪、雷を伴うでしょう!みたいな天気予報みたいで、そりゃあどれかは当てはまるだろうよって思うのが一点。
多数の人に読んでもらってその上で嫌われたくないためだと思うが、ものすごく持ち上げて、悪口を控えめにしているのがもう一点。
だから短くディスっていくのは「割と新しいアプローチなんじゃないかなっ」て、セルジオ越後も思うわけです。

全部ディスっていく。

牡羊座。
 一言で「頑迷」
僕の知り合い:祖父母
有名人:ゴータマ・シッダルタ(旧暦でだから太陽暦だと違うのかねぇ)


牡牛座。
 一言で「のろま」
僕の知り合い:友人A
有名人:菊池桃子


双子座。
 一言で「ズルっ子」
僕の知り合い:友人B
有名人:檀ふみ


蟹座。
 一言で「オヤジ臭い」
僕の知り合い:義理父
有名人:とよた真帆
※絵がディアブロみたいでカッコいい。


獅子座。
一言で「偉そげ」
僕の知り合い:妻、友人C
有名人:黒柳徹子


乙女座。
一言で「ウザい」
僕の知り合い:長男、友人D
有名人:ショーン・コネリー


天秤座。
 一言で「よくわからない自信」
僕の知り合い:父、友人E、妻の友人A
有名人:鹿賀丈史


蠍座。
一言で「しつこ」
僕の知り合い: 妻の友人B、先輩A
有名人:井森美幸


射手座。
一言で「危なっかしい」
僕の知り合い:母、次男、弟
有名人:松山千春
※女の人だと、漫画は苦手で読まないが、コブラだけは読めるって人を2人ほど知っている。


山羊座。
一言で「よい子ちゃん」
僕の知り合い:従姉妹、義理母、義理姉
有名人:ジーザス・クライスト
※ディスってないだろって?
計算が得意なイメージ。


水瓶座。
 一言で「変」
僕の知り合い:?
有名人:山下久美子


魚座。
一言で「天然ボケ」
僕の知り合い:先輩B
有名人:アントニオ猪木


これらの絵を貼りたかっただけなのは認めます。
射手座が「馬やんこれ」ってなってたり、魚座が打ち上げられているのを除くと概ねカッコいい。


で星座の相関図。
なかなかよく出来てると思う。


星座占いの性格判断が、科学的なこじつけが可能だとすれば、幼年~小学校低学年時代にその所属クラスにおいて、どんな役割を与えられていたか、なのかなって思う。

日本では4月に年度が始まり3月に終わる。
同学年において4月~8月生まれの子は9月~3月生まれの子よりも同スペックであればより発達しているハズという仮定。
であるなら4月生まれの子はどちらかと言うと責任ある役目を与えられ、3月の子は末っ子扱いで
結構自由な役割を与えられる。
そして与えられた役割を、こなして行く、あるいは上手くこなせない中で、性格がまた作られていくのではないか。
この仮定に従うと、牡羊座の人は性格が二分されてくるという予想が成り立ちますな。


2 件のコメント:

  1. こんばんは〜。
    自分は、変な水瓶座です(爆)
    そして家内は二重人格の牡羊座・・・・
    なかなか、的を得てるって思いました。
    占いは、都合の良いトコだけ信じてます(笑)

    返信削除
  2. いいじゃないですか!
    意味はよくわかりませんが「天才のホール」ですよ。
    これは該当者見つけちゃいましたね。一言で「異端」にしようか迷いましたが、異端だとかっこいい感じが残るので「変」にしました♪
    絵は「・・これ?たこつぼやないかい!」でしたけども。
    牡羊座の女の人は豪快元気な「女傑」タイプが多いそうです。

    返信削除

とりま

明日のミーティングみたいなやつ 順延だってさ。