2015年6月6日土曜日

やる気が出ない時に効くドラッグソング

仕事など溜まっていてもいまいち、やる気出ない時に聞くと、歯痛に正露丸程度にプラシーボ効果がある曲と言えばロッキーⅢでお馴染み、アイオブタイガーだろう。(僕的真理。)
中学生の時、テープのサントラ(様々な映画のテーマを集めたようなやつ)を買ってよく聞いていたものだ。

皆さんもきっとご同様だと思うけども、なかなかやる気が出ない、エンジンがかからないのは鉄で出来ていない人間の仕様なのだ。

こうしてみると、ちょっと押したらエンジンがかかる、鉄でできてるルネ君はすごいね。
僕もプラグとかオイルとか交換してほしい。出来れば充電してほしい。

でこちらは、ロッキーⅣでお馴染み、バーニングハート。
ランボー2で、すっかり成功者になったスターローンさんが演じるロッキー、そして敵役ドルフ・ラングレンがそれぞれのやり方で筋トレしている時に流れていた(と思う)曲だ。
だからからか、腕立て腹筋しているときに脳内で流すと適度にアドレナリンが出ていい感じだ。

そういえば最近両方とも同じ人たちが歌っていたことにようやく気付いた。
頭の中で意中の音楽を鳴らしたい時ってなかったですか?
僕は若い時は特に、例えば自転車こいでる時とか、脳内で再生しようとすることがしばしばあったのだが中々上手い事、頭出しできなかったり、肝心のサビが思い出せない時ってすごくイライラしたのです。
特に、この2曲は続けて再生したいのに、片方がひたすらリピートされたり、こんがらがったりと、なかなか上手く(脳内で)再生できない曲だったが、それは同じ人たちが同じような曲を歌ってたからなんだね、って納得した次第。

ロッキーといえば微妙な美人エイドリアンだが、リアルでブリジットニールセンと結婚しちゃうよりはいいと思う。
吹き替えの松金よね子の名前を見るたびこの人ライオンにかまれてなかったっけ?とか混乱していた。

0 件のコメント:

コメントを投稿