2015年3月12日木曜日

雪山にあこがれる

そんな気分わかりませんか。


僕が育ったH松では、雪が降っても積もることなど滅多になくて、1㎝でも積もったりすると大騒ぎで、小学校は半日雪遊び時間になったりしていた。
H島時代、積もったりすると友達の家に押しかけて、一晩中遊んで(憧れのカマクラ作ったりして)いたものだ。
今では、雪はもうただひたすら迷惑なものとしか思っていないが、遠くの雪に関してはそうでもない。

曇っていて、雪がちらついていて、と言うのがしばらく続いた後に、
急に綺麗に晴れ渡ったりして、そうすると遠くの山も見えてくる。
雪化粧した大きな山が見えると、つくづく四国って(四国も!)山国やね、って思う。

昨日の山写真。
この写真で一番右に写ってる白い山際のデカイ山って何山なんだろう?


こちらの雪遊びの人は無事帰ってこられたのだろうか。
時間が取れたら山の近くまで行ってみたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

とりま

明日のミーティングみたいなやつ 順延だってさ。