2016年1月2日土曜日

走り収め、走り初め

 12月31日。9時半位に出る。
岡村港に電話して出港時間を聞いていた。13時30分の便。

これはR2上りから呉方面の国道に降りるとき。

この直前までDさんとその仲間が僕を見送りに来てくれていたのだ。
というのはちょっと違うくて、僕がR2走ってると〇原の辺で後ろからクラクションならされたので「なんなん!なんかした?」と信号待ちで振り返ってみるとDさんが居たって言うね。
そっかー。
なわばりかよ。

結構な偶然だと思うよ。
遭遇直前、僕は、カメラの調整と荷物の確認のために数分停車していたし。
そもそもアポとかしてないし。
なんか僕ここで運使い果たしたかな。年末調整?
で「じゃっ」てバイバイした後しばらく一緒に走ってしまってね。
気まずくはないけどこういうことはよくあるよねえ。
んで、カメラ回しはじめると即居なくなったりしてね。

ちょっとぽつぽつと雨にふられながら、島道を行きます。
特に何も。
無い。
動画だ。

 さて、岡村港に着いた。

あちこちにいろいろ貼ってあっていまいちわからんがこの右側のダイヤのみ僕に関係しているらしい。
えっと、 11時半なので2時間待ちですね。
えー。ちょっと早く着すぎたかなあ。
どうも自分の特にバイクでの平均速度がよく分からない。
2時間あればいろいろ島を見れるでしょって思うでしょ。
雨なんだよね外。たいした雨ではないがあまり動きたくない。
 雨漏りがしている。
 ここから漏れてる。
 町を見てみる。
 ほうほう。
 きれいな海ですね。
なんか食べ物屋は無いのか。
食べ物屋はないが、ビザ焼窯を積んだ屋台ならあった。準備中だ。
営業時間まで待てそうにはない。
コープマーケットがあったのでそこで物色。
おにぎりもパンもない。
土産物に近いものしかない。
そして全部今治でも手に入る。こんなんでも結構高い。
普通の和菓子だ。
 
 頑張って正月感を出している。
見ている人はいるのだ。
 魚もいる。きれいな海である。
堤の向こうに今治の石油基地が見える。
 来島大橋も見える。この橋をくぐってきたのだ。
 乗り込んでみると空いていた。僕含め全部で3台。
 波が近い。
 来島大橋が近づいてくる。


と土産物と貰い物で晩酌しながら年を越していった。
明けましておめでとうございます。
明けて。
 いつもの神社に初もうでしてみた。
昼前という時間もあってか、なかなかの人出だ。

いつもこんなんじゃないのに。
ここは三柱お祀りしている神社だがそれぞれ20人以上並んでいるのです。
 もうちょっと後に来るか。神様がいろんな願い事聞き分けられるか心配なんだよね。みんな願い事は似たり寄ったりだろうから大した害も損もないのでしょうけども。今年の巫女さんのレベルを見たいところではあったが。

松山まで走ってきた。12時半くらい。
今日は1日。 映画の日なのだ。映画なんていつ以来だろうか。

券を買い求める。映画の日ということもあり早く出てきたのだが、僕の見たい映画はガラスキであった。3時間待ちかあ。空いてる映画に無駄に頑張りすぎだろう。

いろいろな食べ物屋があるがちょっと歩いて。
 ここいらの黄色い界隈で食べることにした。
 インド風カレーを食べる。
当店人気のキングセットのグリルされた手羽元がちいせえなあっと、この焼きカレーセットにしたのだが、Mサイズのナンでも僕の帽子くらいあるので、あの手羽元は普通サイズだったのかもしれない。(ナンの通常サイズは銀色の皿位あるのだ。)
昨日の昼ご飯より安く済んだことに驚きを禁じ得ない。
近くにはこんな定食屋が。1月8日から営業らしい。

待ち時間3時間ということは、1回今治に戻って初もうで済ましてまた松山まで戻ってきて来れる時間であるが、座して待ってやった。
 ようやく映画が始まる。
で映画が終わるとすっかり日が暮れていた。
この感じ寂しくて懐かしい。
と今治に戻ってきて初もうでを済ませる。僕のほかもう一人。
暖かい日だったが体はひえひえだ。

と面白かった1日だった。

2 件のコメント:

  1. こんばんは~、今年もよろしくお願いします♪
    フェリーで、橋の下をバックでのルネ君の画像良いですね。
    機会があれば、同じアングルで写してみようと思います。

    返信削除
  2. あけましておはこんばんみー。
    晴れていたら良いのに。
    でも、何らかの事情でものすごく空いていたので撮れた1枚なのです。

    船員さんに「この船双胴船でもなくて喫水も浅いんで荒れると出れないんだよね、いろいろ工夫はしてるんだけどね」などとよく欠航する言い訳(たくさんある理由の一つだろうけども)をされました、何故かこの日、どういうわけか僕に。

    返信削除

とりま

明日のミーティングみたいなやつ 順延だってさ。