2017年3月15日水曜日

始まったようだ(;´・ω・)

近所の中学生に2ヶ月ぶりくらいに耳垢掃除の依頼を受けた。
子供というのは見かけの割にでかい耳垢を持っているので、なかなか耳掃除楽しいのだが。
2ヶ月もよくも耳かき我慢できるものだな、と感心しながら耳の穴を見ると、あれ?こんなんだったっけ、と思う。
耳の中が非常に見え辛くなっている。

耳垢が詰まっているわけではなく、耳毛が以前はたしか…産毛だったのが黒くなっておる。
耳の穴も大きくなっており。
全くかわいくない。
小さいおっさんの耳掃除をしている気分だ。

男子三日会わざれば括目して見よって。
セカンダリ セクロス キャラステリックが始まったのだろうと思わざるを得ない。

2 件のコメント:

  1.  小さいおっさんになってしまったのですね!
     そうやって、成長して巣立って行くのでしょうね。

     ボクは、小さい頃は耳かきが大嫌いでした!母親から耳掃除しないと、耳垢は虫の大好物だから、耳の中に巣を作られるよ!と言われゾッ!として耳かきをするようになりました。
     想像力だけは豊かだった様です。

    返信削除
  2. NariNariさん
    ありがとうございます。

    小さいおっさんでも、耳掃除自体は楽しいので奴らが許す限り続けていきたいと思います。
    今まではピンセットで大物を引っこ抜くのが快感だったのですが、毛が濃くなるとピンセットで毛を挟んでしまいます。
    そういえば僕も母に耳掃除してもらっていたのですが、ある時期からピンセットだと痛いとか言って母による耳掃除を避けるようになったような。自分で耳かきで、ほじくるようになったような。

    (ご存知かとおもいますが)
    耳掃除の動画とかで、ものすごいのがあるのですが、(ホントにGっぽい奴が頭突っ込んでいたりするのです)よくもまあ放っといたものだと感心しますね。
    ゴリゴリボソッとごっそり取れる様子はグロいですがカタルシスです。

    返信削除

とりま

明日のミーティングみたいなやつ 順延だってさ。